2008年12月5日金曜日

NYC3  (from journey)

3日目。やはり朝の6時には目が覚めた。時差ボケなのだろうか。14時間の時差なのだが、朝6時に目が覚めるのは普通というか、まあ健康的な感じだ。コーヒーを買いにホテルの外へ。エントランス前で丁度チェックアウトして出てきた韓国人の女の子に声をかけられた。「ドラマ、見ていましたヨ」、中国や韓国、香港、南はインドネシアまで日本のドラマが広く放送されていて、声をかけられることが結構多い。さらに日本のドラマを好きな人は日本語も勉強していて、日本語が本当にうまい。色んな国の人が自分の出ている映画やドラマを見てくれるのは嬉しい。
そのまま近くのマクドナルドで朝マック。ミッドタウンは昨日だいたい見たので、今日は下のSOHO地区に行くことにした。タクシーは面白くないので、海外では地下鉄を利用するようにしているが、今回は地下鉄は危ないという情報だったので、なるべくバスで移動することにした。バスだと色んな景色が見れるし、いろんな人が乗ってきたり、いろんな会話が聞こえるので面白い、耳にはiPod無しで。
近くの地下鉄の駅に行き、自動販売機でバス&地下鉄1日チケットを買い地上へ。103番のバスに乗って20分で3Av&14thStに来た。ニューヨークは道路が碁盤の目で、全部番号になっているので、住所が分かりやすい。14thでバスを乗り換え、チェルシー地区へ。バスを降りたところにまたApple storeがあったので少し見て、近所のアレキサンダーマックイーンへ。チェルシー地区はレンガ造りの建物が多く、イギリスっぽい。建物もホテルがあるミッドタウンは50階建て、みたいな高層ビルばかりだが、こっちは5階建てくらいの建物も多く、緑も多い。
そのままSOHOのマークジェイコブスなどぷらぷら見ながら、Norita地区へ。どこのお店でも40%オフのセールだったがあまり欲しい物はなかったので、まあウィンドウショッピングを楽しんだ。Noritaで学食みたいなお店があったので、そこで昼食。好きなものを取って、レジでその重さを量って料金を支払う。お店は結構混んでいた。
 今日のミュージカルのチケットを買いたかったので、バスに乗ってタイムズスクエアへ。途中、いつも日本から個人輸入をしている撮影機材のお店、B&Hがこの近くだと思って、途中でバスを降りた。泊まっているホテルのカードキーの裏に「B&Hで買い物をすると10%オフ」と印刷してあったのも思い出した。歩いていると、夕方前でどんどん寒くなってきた。空気が冷たくて耳が痛い。ようやくB&Hに着いたが、休みだった・・・表示を見ると金曜日の営業時間は10~13時。今は金曜の16時、ええ!13時? 土日なら分かるが、閉まるの早すぎないか?・・・調べてくれば良かった。またバスに乗ってタイムズスクエアで降りると、すぐ前の劇場でCHICAGOをやっていたので、これを見ることにした。今回はなるべく目に付いたものや、来たバスに乗るなど、自然の流れに身を任せて楽しむことにしている。

チケットを買って、まだ時間があるので6番街の写真美術館へ。金曜日の5時過ぎは、チケット代は決まっておらず任意の金額だった。とりあえず任意の金額を支払い、中を見た。見終わっても外は寒いのでそのまま館内のカフェへ。そのまま飲み物を頼む前に寝てしまい、1時間後に目が覚めた。ミュージカルまでまだ時間があったので、タイムズスクエアに戻り、トイザらスでお土産を買った。近くのピザhouseで腹ごしらえ。
20時からCHICAGOを見た。昨日のオペラ座の怪人と違い、セットも衣装もチェンジがなく、役者の力重視の舞台だった。5年前に映画は見ていたが内容は忘れていた。なのであまり内容が分からなかったが、それでも主役二人の芝居と歌、パフォーマンスに圧倒されて、2時間半、楽しめた。俳優としてはミュージカルは出来ないが、演出はしてみたいなあと思った。普段、子供と居る時に、楽しい気分を伝えたり、気分をほぐしたりしたいときにちょっと歌っぽくしたりするので、感情表現として歌を使うというのは自然な感じがする。

0 件のコメント:

コメントを投稿