2008年12月6日土曜日

NYC4  (from journey)


4日目。さすがに毎日15時間くらい外を歩いていると疲れる。更に寒いので体にも力が入り体が凝る。分厚いコートだけでも4キロくらいありそうだ。日本では車ばかりでそんなに歩かないが、旅先ではホテルにいてもしょうがないので、一日中歩く歩く。ヨーロッパみたいに歩道に気軽なカフェも無いので、ひたすら歩く歩く。
朝8時、ホテルの近くのスタバに入り、温かいコーヒーを飲みながら昨日ネットで調べておいたチャイナタウンのマッサージ屋さんに電話してみた。部屋はインターネット接続可能だったので、いろいろ日本と変わらずに過ごせるので便利だ。無料で日本とのテレビ電話も出来る。今やホテル滞在でインターネットは電気やガス、水道と並ぶライフラインだ。そこのマッサージ屋さんはアメリカのTIMES誌でベストマッサージに選ばれたお店で、土日は予約しないと難しいらしい。今日は土曜。電話したら10時に予約できたので、そのままバスに乗ってチャイナタウンへ。ご主人は日本語のうまい台湾の人だった。指圧を1時間と足裏を30分、体も軽くなり復活。

 軽くなった体でリトルイタリーとチャイナタウンを散策。チャイナタウンに教会がいっぱいあったのが印象的だった。異国のコミュニティで暮らすためには必要だったのだろうと思った。チャイナタウンの麺ショップでワンタンメンと春巻きを食べた。いくつかのお店を見て回って、勘で入ったお店だが美味しかった。入った時は人は少なかったけど、出る頃には中国人のお客さんで満員だった。賑やかだった。
その後、ロウアーマンハッタンをバスでめぐりつつ、タイムズスクエアへ。午後2時なので、3時からのミュージカルのマチネ公演を見ようと思ったが、なぜか総合チケット売り場のTKTSで3時からのチケットは売っていなかった。何故だろうと思ったが、まあ流れに身を任せるとして、今回は見なくてもいいという事なのだろう。取材の仕事をして、街をぷらぷらしてホテルへ戻って少し休憩。

夕方5時にまたバスに乗ってSOHOへ。昨日、インターネットで予約していたオフブロードウェイミュージカルの劇場に行って、チケットを受け取った。開演まで時間があったので近くの携帯ショップをのぞいて、スタバでひと休み。外は寒い。今日はここ数日の中で一番冷える。19時、時間が来て劇場へ。日本でも公演したことがある「Fuerza Bruta」。前衛的な内容で、僕が2003年に撮った映画の「LIFE」の実写版みたいな部分もあって面白かった。男の人がベルトコンベアーの上を歩いていると、前から色んな人がすれ違ったり、後ろから追い越したり、壁のカーテンを北京オリンピックの最後の聖火ランナーみたいに走り回ったり、天井に吊るした透明のプールでパフォーマンスしたり。そのプールは20メートル四方くらいで、下が透明で、さらにプール自体が最初は上10メートルくらいの所にあるが、徐々に下に降りてきて、1.5メートルくらいの高さの所まで来るのでみんなしゃがむ。ホースでお客さんに水をかけたり。はちゃめちゃで面白かった。
終演後、バスでホテルの近くまで戻り、ちょっとお洒落なPOP BURGERで小さいサンドウィッチ3つと赤ワインを頼んだ。明日は日本に帰る日だ。ニューヨーク自体は銀座みたいな感じで、お店を見て美術館を見れば2日も滞在すれば十分な感じだが、4日間でいろいろ見て、ゆっくり考えて、感じることが出来たので良かった。お店を出ると雪が降っていた。道理で寒いはずだ。雪を頭に乗せながら、ホテルに帰った。

0 件のコメント:

コメントを投稿