2009年12月29日火曜日

上海日記1 (12/29)  (from journey)

上海への出発日。上海は昔から栄えていたアジアの玄関口。最近ではお洒落なレストランやショップも多く、中国の歴史深いオリエンタルな雰囲気とフランス租界などのヨーロッパ的な雰囲気、そして発展を続ける近未来的な雰囲気がミックスされているイメージ。物価も安いし近いので一度は行ってみたかった。
 休暇ならば暖かい国のプールでのんびりバカンス、というのも魅力的だったが、防寒をしっかりする事で中国に決定。プールリゾートならば一日中ホテルにいてのんびりできるが、都市の場合、部屋にいても仕方ないので一日、外を歩く事になる。その上寒いのでリラックス休暇にはならないが、まあ、海外はどこでも刺激的で面白いのでとりあえず中国に決定。
上海は羽田空港から行けるのが何よりも魅力。成田空港の場合、飛行機出発の2時間前に空港に到着、家を出るのはさらに2時間前なので、合計4時間前には家を出なければならない。羽田の場合、出発の1時間前に空港に到着すれば充分。国際線のターミナルは小さくて一日の便も少ない。羽田の国内線に比べても歩く距離は5分の1以下。到着してチェックインして出国審査をして直ぐに飛行機に乗れる。最短で空港到着から5分くらいで乗れる感じなので、チェックイン時間の規則を考えても1時間前に着けば充分。羽田なら都内から1時間で行けるので出発時間の2時間前に家を出れば充分。成田に比べて2時間もお得。ヨーロッパやアメリカ等の10時間以上かかるところならいいが、アジアなど飛行時間が2〜3時間の所だと、成田に行く2時間は大きい、飛行時間より空港に行く時間の方が長いときもある。羽田の国際線は北京、上海、ソウル、香港に飛んでるけど、今年の10月に正式に国際空港になるとヨーロッパやアメリカにも行けるので便利になる。週末に気軽に海外に行ける感覚だ。

中国はクレジットカードが使えないところも多そうなので、空港でちょっと多めに中国元に両替して、ラウンジで一休みして機内へ。いざ離陸。ハッピーフライトの時のくせで、飛行機に乗っている間は操縦手順を頭の中でシュミレートしてしまう。3時間半のフライト。機内誌を見ると1月の便にはTHIS IS ITの機内上映があるらしい。それは楽しみ、帰りの便で絶対に見よう。現地時間でお昼の12時に到着。時差は一時間(日本が一時間早い)。
上海は晴れていた。以外に暖かい。ホテルの車が迎えに来ていたので乗り込む。中国が左ハンドルで右側通行という事を初めて知った。行き先は270キロ離れている杭州。車で3時間。ガイドブックを見ると上海の観光は2〜3日で充分と書いてあった。今回の滞在は6泊なので、2泊分は杭州に行く事にした。車で1時間ばかり走った所で空港の職員さんから携帯に電話が、ちょっとした手違いと忘れ物で空港に戻る事に。ここで今回のテーマを認識「あせらずにゆっくり確実に」これは来年のテーマかもしれない。空港に戻る高速が渋滞していてなかなか動かず、結局2時間近くかかって空港へ。そしてまたホテルへ。夕方6時過ぎ、やっとホテルに到着。空港に戻らなければ3時には着いていた予定だったが、旅には予想外の出来事はつきもの。思うように行かない事も受け入れて楽しもう。羽田から3時間半のフライトで、昼の12時に上海に着いて、その後5時間くらい車に乗って杭州へ・・・近いはずだったのだが。
杭州リゾートホテル。ベランダ付きの部屋。荷物を部屋においてホテル内の中華レストランへ。今日は機内食しか食べていないのでお腹が減っている。中華をたらふく食べて部屋でのんびり。明日は杭州の西湖の観光へ。

0 件のコメント:

コメントを投稿