2009年12月31日木曜日

上海日記3 (12/31)  (from journey)

12月31日。2泊した杭州から上海へ移動。大晦日はちょっと賑やかな所で過ごしたい気分なのでこういう日程に。朝食を食べて11時にチェックアウト。上海まで車で3時間。途中のパーキングエリアでちょっと休憩。いつの間にか妻と子供がお菓子とジュースをいっぱい買っていた。そしてまた車に乗り上海へ。だんだん建物が多くなり人口1800万人の大都市上海へ突入。
午後2時にホテル到着。上海のホテルは南京西路のデザイナーズホテル。いつも色んなページで調べてホテルを予約する。基準は、まずはベランダやバルコニーが付いている事。これがあると部屋にいる時も外の空気を感じられる。国内でもそうだけど、窓が開かないホテルにはなるべく泊まらない。規模も数百室というよりも2〜30室の所がいい。ホテル内が混まないし、高層ビルではなく4〜5階建てだと直ぐに外に出られるし、地面との距離感もリアルに感じられる。高層階だと外が客観的な別の世界に思えてしまう。交通の便がいい所だと買い物の途中に荷物を置いたり休んだりできる。今回の部屋はテラスにテーブルもあり、無線LANなども完備。ヨーロッパだとネットは有料のところが多いけど、杭州のホテルも上海のホテルもネットは無料だった。普段使っている電化製品はほとんど100-240ボルト対応なので中国の220ボルトでもそのまま使えた。6口タップを持参、これなら海外用にコンセントの形を変えるプラグは1つで済む。
パソコンとiPhoneを無線LANに接続。WEBやskypeは出来るけどTwitterのページは接続できない。やはり中国でTwitterは使えないようになっているというのは本当だった・・・。このWORDのページも見られない。このページはgoogle系のblogサービスで更新ページも中国ではアクセスできないようになっているっぽいので更新も出来ない。他にも見られないページがいくつもありました。
パソコンやデジカメの充電や洗面道具や洋服などをセットした後、テラスのテーブルで一休み。4階なので下の街の喧騒もリアルに感じられる。地下鉄の駅が横なので人もお店も多い。そのまま近所の飲茶屋さんで軽く昼食。ホテルの近くの伊勢丹やプラザ66等のお店を見てまわる。ヴィトンやボッテガなど一通りのブランドが揃っている通りだった。それにしても大晦日という感じがしない。ホテルに戻り、19時よりホテル2階のイタリアンレストランで夕食。ここは上海で人気のお店らしい。NewYear's Eve コースを食べる。美味しかった。
部屋に戻ってテレビをつけると紅白歌合戦をやっていた。NHK-BSだけ日本のチャンネルが映るらしい。いつも海外ではSlingPlayer経由でパソコンで日本のテレビを見ているけど(チャンネル操作、接続しているHDレコーダーに録画してある番組の再生、番組表から予約録画が出来る)、今回は使わなくてもいいっぽい。満腹&お酒で眠いので「行く年来る年」で日本の年明け風景を見ていたらいつのまにか就寝。よく考えたら1時間の時差があるので上海はまだ新年になっていない。とりあえず2009年、お疲れさま&ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿