2011年8月5日金曜日

OWN TIME   (from pocket word)

ほんの15年前までは生活の中になかったのですが、今はパソコンやスマホで家でも外出先でもネットを活用する時代です。まずは情報が早いし豊富。買い物もメールなどのコミュニケーションも、いまやネットが中心と言っても過言ではない気がします。現実世界でも、10数年前に大規模店舗法が出来て、大きなお店が増えて、小さなお店や商店街が少なくなって、お店のポイント制度も規制緩和されて、今まではどこで買っても同じだったのが、各お店ごとにポイントやマイレージが使えるようになって、それで航空会社から小さなお店まで再編が行われて、それは消費者にとってもお店にとってもお得で便利なことだけど、いろいろ世の中が変わっていきました。(ヨーロッパなどでは各地域の小売店、自治体が守られていますが、日本は変化の波が速いですね・・)。そこにネットが加わり、情報を知っていることが得になったり、損得の価値観が世の中で大きくなった気がします。もちろん僕の中でもそういう考え方があるし、それを追っていますが・・。器用な人が得をして、のんびりした人は損をして。競争社会だけど、昔はもっと支え合って、補い合っていたような気がします。不便なほど、人が補って、無駄に見えるけど、豊かな時間があったような気がします。

で、便利な物を使う度に、自分がそれら無しで生きていけるのか、もっと感じて考えて、人と向き合って生きていかなければいけないのでは、と思ってしまうのです。パソコンによって作品が発表できたり、情報を共有できたり、社会に参加できたり、世の中を少しだけ変えられたり、本当に便利で素晴らしい未来だと思います。それは僕たちにとって必要な物だし、これからも大切に使っていく物だと思います。と同時に、それが無くてもやっていけるという自信の上で、頼りすぎず、機械に使われずに、必要以上に情報を追いかけないように、損得で判断しないように、人間的に、体温を持って自分らしく使えればと思います。そして何より、人と人が向き合って、思い合って、自分らしく、今よりもゆったりと時間を楽しみながら進めればなあと思います。

1 件のコメント:

  1. やっぱヨーロッパっていいところなんですね。
    『機械に使われないように』っていうのは
    気をつけていかないとなと思ってます!!

    日本ももっと人との繋がりが深くなればいいですね!!

    返信削除